ミニ四駆!レッツエンドゴー!シャイニングスコーピオン、時代を飾ったミニ四駆特集!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

社会現象的に流行ったミニ四駆を振り返る!

当時小学校3年~くらいだったかなー?記憶が曖昧ですがめちゃくちゃ流行りました。

そしてこの爆走兄弟レッツ&ゴー!!も毎週欠かさず見てましたね。
retro21
月刊コロコロコミックで連載されていたんですよね。
当時はコロコロ派かボンボン派(コミックボンボン)で別れていたんですよね。懐かしい。

retro23
retro21

ビックリマンとかロックマンの漫画とかも懐かしいですよね。
高橋名人が全盛期の時代です(笑)

お兄ちゃんレッツ使用車種のソニックセイバー。

retro25

こちらは弟使用のマグナムセイバーです。

retro24

私はこちらのスピンコブラを使用してました。
retro26
TAMIYAのロゴといいこの箱に入ったプラモを作るようなワクワク感忘れられません。

その後にサイクロンマグナム、ビクトリーソニックが出来たのかな。

retro27

retro27

レイスティンガーも懐かしい。

retro28

当時はトルクチューン派か、レブチューン派っていうのもありましたね。

その後にウルトラダッシュモーターなんかが出てきてちょっとチート的な扱いを受けてました。

retro28

あとやっぱりミニ四駆をやるならコースでやりたいですよね。
私なんかはコロコロやらボンボンやら雑誌を無理やり積んでコースを作っていました(笑)

結局はクリスマスか何かで親にねだってコースを買ってもらえるという奇跡!
retro29
ウチにあったのはこんな感じの普通のコースでしたが、八の字ではなくこれのただの円バージョンでした。
でも良く見て頂いたらわかると思うんですが、これコースチェンジをする際にタイミング次第でミニ四駆同士が衝突する訳です。

うん、壊れるんですよね。喧嘩になります。
良くあるのがフロントローラーの部分。プラスチックですから、すぐ壊れます。
そこだけ壊れても本体買わないといけないっていう子供ながらの苦痛。

あと、コースアウトするんですよね。車体が軽いとコーナーで簡単に吹っ飛んでいきましたよね(笑)

そのまま車体がお亡くなりになることもありました。

レッツ&ゴーのアニメの技みたいにカッコいいんですけど危険過ぎました(笑)

シャイニングスコーピオンのゲーム。

アスキーさんだったな。
retro30

初回特典として、パールホワイトカラーのボディが付属して羨ましかったの覚えています。

友達とあーだこーだ言いながらゲームやっていたんですけど、このゲーム子供には難しかった記憶しかないです。
ゲームの中でもコースアウトの恐怖が待っていた覚えが(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です